第7回扇町屋市民交流囲碁大会に参加

11月19日(日)に「第7回扇町屋市民交流囲碁大会」が、入間市の扇町屋公民館で10時から開催された。
天気はよく、私は、8時45分頃に入間市駅に到着し、ドトールコーヒーでコーヒーを飲んで少し休憩してから、会場に向かう。初めての参加であり、しかも扇町屋公民館も初めてで、少し道に迷った。
9時半から受付で、参加費は1200円。弁当とお茶付き。

最初に、会長の三浦さんの挨拶があり、その後、後援の扇町屋公民館の館長の挨拶。試合は、10時少し過ぎに開始。

とても、立派な大会で、館長の手配が行き届き、会場がうまく整えられていてびっくりした。A、B、Cの3クラスで、各16名、48人の大会。女性や子どもも参加していた。

私は、五段の登録で、Aクラス。1回戦の相手は、西原さん(五段)、運良く勝ち、勝ち組に入る。これからが、大変。2回戦の相手は永松さん(六段)。入間市囲碁連盟の会長である。普段は、2子で勝てるかどうかなのだが、今日は、先番。完敗だった。永松さんの天元打ちを意識しすぎたのかもしれない。そして、昼食を挟んで、午後から3回戦。今回風邪気味のせいか、1敗した水村さん(七段)と対戦。水村さんは、入間市の囲碁名人を何度もしていて、普段は3子で勝てるかどうかの相手だが、今日は2子局。自分ではかなり善戦したと思っているが、完敗。最後は、石山さん(五段)。こちらも普段は、先番で勝てるかどうかの相手。途中、コウになり、大石が取られてこれも負けてしまった。どうも、私は、コウを早めに解決したがるクセがあるようだ。
ところで、Aクラスで優勝したのは、岩間さん(七段)。岩間さんとは、確か4子で対局して、勝ったことがあるような記憶があるが、この大会の手合いでは、2子になる。とても、勝てそうにないと思った。

私は、日本棋院「お茶の里」入間支部に属しているのだが、この大会には、会員の人達がたくさん参加していた。私の対戦した相手は、よくしっている人たちで、普段の対局では、もう一子余分に石を置いて闘っている人たちだった。そういう意味では、勝てなくてもとても勉強になったと思う。また、対局後、私の質問に皆さん丁寧に答えてくれて、嬉しかった。
来年も、機会が合えば、是非参加したいと思った。特に、館長の心配りは、すごい。ここで、囲碁を打っている人たちは、幸せだと思った。
若い人や女性も少し参加していたが、やはり絶対数が少ない。もっと、増えることを期待したい。

「お茶の里」入間支部のHPを立ち上げる!

しばらくぶりのブログの更新になる。約半年のブランクだ。その間、AlphaGOと柯潔九段との対決もあり、「幽玄の間」では、人工知能との対局も常態化していて、すでに、AIはプロ棋士の相談役のような枠割りも演じ始めた。私の囲碁の腕は、ほとんど進歩していないが、一応、囲碁もそれなりにやってはいる。ただ、別の仕事が増えて、ちょっと、更新が億劫になってしまったというのが真相。
やっと、「日本棋院『お茶の里』入間支部」のHPを立ち上げた。まだ、完全ではなく、仮オープンだが、一応みられる内容にはなっていると思う。
本当は、「飯能市囲碁連盟」のHPもWord Pressで立ち上げたかったけれども、そのときはまだ、ソフトの使い方がよく分からなかったので、直接HTMLとCSSをいじって、力業でHPを作った。ところが、Word Pressをつかうと、信じられないくらい簡単にできてしまう。
Word Pressには、「固定ページ」と「投稿ページ」の2種類があり、それをどう使い分けるかがWord PressでのHP作成の肝だと思う。やっと、それが分かりかけてきたので、お茶の里入間支部のHP作成に取りかかってみた。
テーマは、名古屋の企業「ベクター」のLightningという無料のテーマを使ってみた。使いやすいと思った。まだ、固定ページの子ページまでは進んでいないが、いずれ、それはやってみる予定である。
今回、Word PressでこのHPを立ち上げた理由の一つに、「囲碁プラグインGlift」がある。三村智保九段が自分のHP「三村囲碁JP」で使っていて、是非をこれを使ってみようと思ったこともある。SGFファイルにしておけば、棋譜を読み込むことができる優れものである。
取り敢えずは、なんとかなったので、後は、これに見あう内容を揃えることだと思う。

第6回4市囲碁交流戦に参加して

12月10日は、4市交流戦(狭山市、入間市、所沢市、飯能市)。会場は、狭山市中央公民館(交流センターにある)。狭山市駅の目の前にある新しいビル。9時少し前に到着。
9時半から、開会式。狭山市囲碁連盟の池田泰顕会長の挨拶。そして、向野康雄狭山市教育委員会教育長の挨拶に続き、対局開始。対局は、10時からで、午前中2局。昼食を食べて、午後2局だった。
優勝は狭山市柏原囲碁同好会B、二位は狭山市柏原囲碁同好会A、三位は、所沢市役員、入間市役員、狭山市棋楽会。
敢闘賞は、主将・鳥越達彦(入間市選抜B)、 副将・塚本鈴夫(飯能市加治東)、 3将・平賀義二(入間市選抜A)、4将・粕谷登(入間市選抜A)、5将・山下邦夫(狭山市役員)但し、敢闘賞は、入賞しなかったチームで、各将クラスで成績のよかった人(4勝あるいは3勝の人)。但し、同じ成績のときは、ジャンケン。
狭山市は、三年連続して優勝。特に、柏原囲碁同好会Bは、昨年に続いて優勝。珍しく主将の佐藤さんは、2勝2敗だったが、チームとしてまたもや優勝。すごいとしか言いようがない。
私は、3勝1敗でまあ、満足できる成績だった。嬉しかったのは、入間市選抜AのKさんに勝ったことだ。握りで私の白番だった。序盤は、まあ、今日は勝てそうだと思ったら、中盤過ぎにまたポカで、負けそうになった。今回は、運良く「コウ」にして頑張れるところが残っていた。Kさんが無効の手を打ってくれて、何とか盤面でも勝てた。
終わってから、狭山市の「三ゆう」で役員の懇親会。会費は、3000円。飯能市からは、亀井さん、松坂さん、脇さん、そして、私が参加。懇親会には、狭山市の役員、所沢市、入間市の役員が参加していたが、半分くらいは、私の知っている人。
ところで、狭山市は、飯能市や入間市から、そんなに遠くないのだが、車でないと少し不便だ。入間市駅からバスで行くという手があるが、電車だと、西武池袋線で所沢に出て、西武新宿線に乗り換えて狭山市に出る必要がある。乗り継ぎも入れて、約40分くらいかかる。入間市の人で、歩いて行った人もいたし、自転車で言った人もいた。私たち飯能の役員は、車で行き、帰りは、バスで入間市駅に出て、西武線で帰った。
ところで、この大会は、全てハンディ戦なのに、どうしてこんなに偏った成績になるのか不思議だ。とにかく、各市で最高を七段にして、そこから段級位を決めているので、少なくとも、飯能市は、妥当な段級位だと思うのだが、微妙なところかもしれない。

第20回鷹家杯戦で、優勝!

8時半に加治公民館に行く。今日は、第20回鷹家杯戦があった。飯能市囲碁連盟の会員55人が参加。%e5%a4%a7%e4%bc%9a%e9%a2%a8%e6%99%af
午前中は、鴨下さん、松坂さんと対戦して、2連勝。午後は、小山さん、脇さん、高橋さんと対戦して、それぞれ勝つ。結局5連勝して、優勝してしまった。最後の高橋さんは1級で、六子局だったが、なんとかごまかして勝ってしまったような気がする。
今年は、奥武蔵囲碁大会に続いて2回目の優勝。トロフィーと副賞として「あきたこまち」10Kgをもらった。4時過ぎに終了したが、流石に重そうなので、かみさんにLINEメールで迎えを依頼。我が家は、三人だが、夕食しかご飯は食べないので、米10Kgあれば2か月はもつ。%e5%84%aa%e5%8b%9d%e8%80%85%e3%82%92%e5%9b%b2%e3%82%93%e3%81%a7
最近、小林覚著『なぜヤキモチをやめると碁に勝てるのか?』(マイナビ出版/2016.7.27)をKindleで読んでいて、そのことだけを気にしながら、囲碁を打っていたら、勝ててしまった。最後の高橋さんの場合は、逆に、いかに紛らわしい手を打つかがポイントで、これはそれなりに楽しかった。

第1回八王子囲碁連盟支部・「お茶の里」入間支部交流戦

9月3日は、日本棋院「お茶の里」入間支部の例会の日でもあるが、八王子囲碁連盟支部との対抗戦でもあった。それぞれ、各支部、ABCの三チーム3人ずつ選抜し、各チームはリーグ戦で総当たりで3局打ち、その成績で競うというもの。まあ、親善試合であり、初めての対戦でもあり、段の決め方が、それぞれの支部での決め方があり、妥当かどうか微妙なところだ。八王子対局風景01
成績は、Aチームが、7勝1敗1持碁、Bチームが5勝4敗、Cチームが7勝2敗で、一応、入間支部が圧勝した。入間支部は、Aチームの水村七段、Cチームの私(五段)、松尾四段が3連勝し、八王子支部は、Bチームの金本七段が三3連勝だった。私の所属するCチームに、入間支部の南さんが六段で出ていたが、「幽玄の間」では、二段で時々三段になるという。私は、三段と四段で行ったり来たりという話をして、南さんは、多分、八王子支部のほうは、一段くらい甘いと言っていた。私の対局
私は、3連勝したが、最終局は大石の死活が問題になった。私の白番。私のほうが優勢に進んでいて、敗勢を意識した相手が、手抜きをしたため、対に大石が頓死した。
1時半頃から対局が始まり、5時少し前に終了し、5時から6時半まで懇親会。会費1000円で、助六、缶ビール2本、おつまみ。それぞれの市の囲碁の活動状況が交流され、興味深かった。結構、小学生などへの指導がしっかりしているようだ。小学校に指導に出かけたりしているようだ。この辺は、とても参考になった。佐藤支部長挨拶
懇親会で、入間支部の佐藤支部長が成績発表をされていたが、入間支部は、どちらかと言うと段位の設定は厳しい方で、支部のトップを七段に決め、それに対して、各参加者の段位を決めているという話をされた。
私は、飯能市在住だが、「お茶の里」入間支部に入っていて、一番の楽しみは、こうしたいろいろな人たちとの交流ができることだ。佐藤支部長の働きに感謝。

第14回13路盤囲碁大会が開催された!

8月14日(日)に飯能市の加治公民館で、第14回13路盤囲碁大会が開催された。大会は、朝の9時から始まり、午後2時まで対局し、その後表彰式だった。大会風景
この大会は、元々、初心者囲碁大会という名前の大会だったが、全て13路盤による対局なので、今年からこの名称になった。(ちなみに、本格的なプロ・アマ13路盤大会もあり、こちらは、石田芳夫九段が優勝したそうだ。)
私は、お手伝いで参加。飯能市囲碁連盟のHPにもイベント便りを載せる予定なので、そのための写真なども撮影した。優勝
今大会で優勝したのは、岩崎進さんで、11勝1敗だった。2位は、昨年優勝した高梨悠さんだったが、上級者は圧倒的に有利なようだ。なお、3位の内藤徳子さんは、唯一岩崎さんを負かした人。岩崎さんも、高梨さんも、内藤さんも、上級者だ。金星をあげた
この大会には、小学生も2名参加していたが、これから、囲碁が好きになってくれるといいなと思った。
この大会は、現在は、級位者だけの大会になっているが、いつか、有段者も参加できるようになるといいなと思う。私は、只今、「囲碁クエスト」というネット対局で二段で打っているが、なかなかおもしろい。

入間市囲碁連盟夏季大会参加!

今日は、入間市囲碁連盟夏季大会。参加者は、152名。S~Iクラスまでの9クラスもあった。私は、Bクラスに参加。永松会長挨拶
9時半から、開会式。入間市囲碁連盟の永松会長の挨拶のあと、10時から対局開始。S、A、Bクラスは、対局時計つきで、持ち時間35分。
参加者が、多く、S、Aクラスは、第二会議室のほうで対局。私は、どちらかというと早打ちのほうなので、そちらものぞく。Sクラス試合風景
Sクラスの優勝決定戦は水村忠洋さんと佐藤舞さんで、水村さんが勝ち、水村さんの二連覇達成。
私は、小澤栄さん(西武)、栗田治彦さん(西武)、安藤治さん(黒須)、市川太一さん(東藤沢)と対局した。栗田さんに黒番3目半負けを喫したが、それ以外は勝ち。3勝1敗で、敢闘賞をもらう。
3時半頃から表彰式があり、最後に優勝者の記念撮影をして、終了。決勝戦
今日の囲碁は、できるだけ、厚く打とうと考えていて、ほぼその通りになった。負けた栗田さんとの対局では、少し丁寧に守り過ぎたのと、両先手のヨセを二つ先に打たれ、それで負けてしまった。もう少し、守るべきところと攻めるべきところでは、時間を取って考えるようにしたい。優勝者記念撮影
今日は、青梅市の囲碁大会もあり、飯能の仲間は、主としてそちらに参加。実は、私は、青梅のほうにもエントリーされていて、ダブルブッキングになっていた。昨日、「文京区史跡さんぽ」をしていて、丁度東大の正門前のレストランで昼食をとっていたときに、飯能市囲碁連盟のKさんから電話がありそのことが発覚。丁度どちらもエントリーしていなかった、Mさんに私の代理をしてもらって事なきを得た。普段、打ったことのない人たちと、打つというのは、なかなか勉強になる。

第2回奥武蔵囲碁大会に参加!

6月12日は、飯能市囲碁連盟主催の第2回奥武蔵囲碁大会だった。会場は、飯能市にある「丸広」百貨店の7階の市民活動センター。タイムテーブル
9時15分頃「丸広」に到着。役員だけ、先に入れてもらい、9時40分頃7階に上がる。私の担当は、写真記録がかり。10時に「丸広」がオープンすると同時に、参加者が続々と7階に上がってくる。エレ-ベータより、エスカレータのほうが多そうだった。理事長開会挨拶
10時半から大会開始。対局前に、飯能市囲碁連盟会長の本木さんの開会挨拶。続いて飯能市教育長の澤田清志さん、最後に日本棋院埼玉県支部連合会長の貴堂資彦さんの挨拶。その後、司会及び、大会の進行役の飯能市囲碁連盟の理事の亀井さんの合図と共に、対局開始。大会風景
第1回は122名だったが、今回は140名の参加となった。飯能市だけではなく、日高市、入間市、狭山市、所沢市、青梅市などからも参加され、特にSクラスのメンバーは、埼玉県西部地区の最強のメンバーが集まったのではないかと思われる。
試合は、SクラスとAクラスは互い戦。BクラスからHクラスまでは、ハンディ戦となっている。各クラス16名のトーナメント方式で、四戦全勝すると優勝。同じ3勝でも決勝戦で負けた方を準優勝とし、3位決定戦で勝った者が3位になる。決勝戦
私はBクラスで参加。まず午前中、入間の澤田さん、次いで狭山市の佐藤ひかるさんに勝つ。その後、昼食。どちらかと言うと早打ちで、対局後あちこちまわって、写真撮影。そんなことをしていて、緊張している暇がなかったのがよかったのか、午後は、狭山市の松本さんに、最後は、入間市の宮里さんに勝って、優勝してしまった。
Sクラスは、決勝戦が、所沢の伊藤裕介さんと佐藤俊夫さんの戦いになり、若い伊藤裕介さんが優勝した。決勝戦の棋譜の記録を亀井さんが取っていてくれた。優勝した伊藤裕介が黒番だった。決勝戦棋譜
Aクラスの優勝は、相模原から参加されて須田秀樹さん、Bクラスは飯能の私、そして、Cクラスは狭山の吉川澄夫さん、Dクラスは狭山の白石淳一さん、Eクラスは青梅市の森居喜一郎さん、Fクラスは狭山の榎本光政さん、Gクラスは飯能の川島金次さん、Hクラスは飯能市の佐野充さんだった。優勝者
上位のクラスは、ほとんど他の市からの参加者が優勝していたが、飯能市はやっと私がBクラスで優勝できて、よかった。無事、表彰式も終了し、会場の後片付けをしてから、 「丸広」から少し東に行った所にある「久兵衛」に行く。そして、大会終了後から、飲み会をしていた入間市の「お茶の里」入間支部の囲碁仲間に合流した。「お茶の里」入間支部の仲間から優勝の祝福をされて嬉しかった。でも、よく考えたら、今回は入間からの参加者は、誰も優勝していなかった。ちょっと寂しかった。

奥武蔵囲碁研修会に参加

5月31日と6月1日に、「休暇村奥武蔵」で開催された日本棋院「お茶の里」入間支部主催の囲碁研修会に参加してきた。参加者、女性4名を含む21名だった。
現地集合で、私は、飯能の友人の車に同乗して、12時少し過ぎに会場に到着。まず、「あじさい食堂」で昼食をとり、13時から研修に参加。休暇村
七段から2級までの21人が最初はくじ引きで対戦し、以降は、終わった者から順に相手を探して対戦し、勝った人が成績表に記入していくというスタイル。18時~19時半までと、睡眠時間、風呂に入る時間を除いて、翌日の11時半まで対局を続ける。最多対局者は16局打っていた。私は、6勝6敗の12局だった。
表彰対象者は、6局以上の対局だが、優勝したのは、8勝1敗のNさん。二位は9勝2敗のMさん、三位は同じく9勝2敗のTさんだった。(二位と三位は同率でジャンケンで決まった)初日対局風景02
お茶の里支部の段級位は日本棋院の支部としても厳しいほうで、とにかく一番強い人が七段なので、私は四.五段。まあ、「幽玄の間」で四段なので、妥当な段位かもしれない。
夕食は、2階のオープンダイニング「フォレスターノ」で宴会 。この研修には、飯能市、狭山市、入間市、所沢市など、広範囲の囲碁仲間が参加していてそれぞれの地域の囲碁状況などを交流しあって新しい発見があり、夜の宴会もとても楽しい。宴会01
こうした研修で大事なことは、対局後、敗因などを確認し、特に上級者の感想を聞くのが大事。今回は、「急場」から「大場」へ行くタイミング、特に「死活」の読みが甘いことを指摘された。だから、打たなくてもよい守りの手を打ってしまうこと。中盤以降の1手パスでも10目以上の手を相手に打たれてしまうということになる。
また、ヨセでしっかり手を読むことも学んだ。これは、相手がどこに売ったかをしっかり確認し、なぜそう打ったかも理解しておくことが大事だということだ。丁度、前日のNHK囲碁対局で志田達也八段が自分が次に打つ手を考えていて、相手の打った手を無視して打ったために大失敗していたのが、話題になっていた。どちらかというと早打ちの私としては、もう少し丁寧に打つよう心がけたいと思った。集合写真01s
最後に、「休暇村奥武蔵」の玄関に並んで記念写真。少しは、強くなったことを祈って帰路についた。

第3回大澤奈留美ファンクラブの集いに参加!

5月8日は、「なるみ先生ファンクラブのつどい」。
8時半頃入間市中央公民館に行き、愛宕公園を少し散策してから、第3会議室に入り、会場設営。会場設営が終わると、受け付け開始。予定では、9時半から受け付け開始。9時半までにほぼ半分くらいの人たちが来ていた。しかし、ぎりぎりの人がいて、開始は、10時になる。一人欠席。  愛宕公園
今日のプログラムは、3部構成。
第1部は、競技会。
第2部は、指導碁と表彰式。
第3部は、懇親会。
午前中に2局、昼食は、1階の食堂でカレー。昼食後、決勝戦。
S1、S2、A、B、Cの五つのクラスに分かれて、支配開始、それぞれ8人ずつで、三連勝すると優勝。Sクラスは、全て互先。それ以外は、ハンディ戦で、日本棋院「お茶の里」入間支部のルールで試合。決勝戦全景

S1クラスは鳥越達彦さん、S2クラスは菅野孝子さん、Aクラスは吉田進さん、Bクラスは佐々木省吾さん、Cクラスは松田雅子さんがそれぞれ優勝した。
2時少し直ぐに、奈留美先生がご主人のムニェ・ヴァンサン(Mugnier Vincet)さんと一緒に登場。片平会長から、奈留美先生の近況について紹介があり、奈留美先生は、妊娠6か月とのこと。只今、安定期で、日本棋院の対局も消化されていて、最近は絶好調。とても嬉しいニュース。ファン一同大喜び。集合写真01s
奈留美先生ご夫妻のご挨拶のあと、ご夫妻を囲んで、参加者一同で集合写真。

その後、早速、指導碁。
奈留美先生から指導を受けるのは、水村忠洋さん(2子)、高木茂巳さん(3子)、越後屋大藏さん(5子)、水村要作さん(5子)の四人。ご主人のムニェさんの指導を受けるのは、小島芳子さん(5子)。越後屋さんが、金星を挙げる。指導碁03
プロの打ち方はすごいなと思う。次に、どこに打つのかなと考えながら、見ているととても勉強になる。
指導碁の後は、表彰式。奈留美先生の色紙をいただき、並んで記念写真。前回と前々回は、私も色紙をいただき、記念写真を撮ってもらった。皆さん、嬉しそうだった。ご夫妻01
表彰式の後で、奈留美先生から、『埼玉戦後アマ囲碁史』(埼玉の戦後アマ囲碁界をアマ本因坊戦など4大棋戦を中心に回顧。各種大会の記録、コラムなどを収める貴重な一冊。)という本をいただく。本日(5月8日)に一番近い誕生日の人がもらう。それから、渋谷でクラシックを聴きながら囲碁をしようという催し「IGO CLASSIC ~ 囲碁 × 音楽の輪舞曲 ~」があり、その紹介。奈留美先生も参加されるそうだ。
最後のプログラムは、懇親会。
奈留美先生は、体調のこともあり、1時間ほど、会員との交流をしていただいた。ご夫妻で、四つの大きなテーブルをそれぞれ15分ほど座って、歓談された。途中、会員の御祝いの謡があり、それの応えて、ムニェさんが、フランスの歌を振付をつけながら紹介してくれた。楽しい時間は、あっという間にすぎ、二人は、入間市駅に向かわれた。名残惜しい
私たちは、もう少し、余韻を味わい。19時ごろ懇親会を終了する。
その後、役員を中心にして、二次会に参加。入間市を中心にした囲碁仲間との交流は、夜まで続いた。帰宅したのは、10時過ぎ。