第7回扇町屋市民交流囲碁大会に参加

11月19日(日)に「第7回扇町屋市民交流囲碁大会」が、入間市の扇町屋公民館で10時から開催された。
天気はよく、私は、8時45分頃に入間市駅に到着し、ドトールコーヒーでコーヒーを飲んで少し休憩してから、会場に向かう。初めての参加であり、しかも扇町屋公民館も初めてで、少し道に迷った。
9時半から受付で、参加費は1200円。弁当とお茶付き。

最初に、会長の三浦さんの挨拶があり、その後、後援の扇町屋公民館の館長の挨拶。試合は、10時少し過ぎに開始。

とても、立派な大会で、館長の手配が行き届き、会場がうまく整えられていてびっくりした。A、B、Cの3クラスで、各16名、48人の大会。女性や子どもも参加していた。

私は、五段の登録で、Aクラス。1回戦の相手は、西原さん(五段)、運良く勝ち、勝ち組に入る。これからが、大変。2回戦の相手は永松さん(六段)。入間市囲碁連盟の会長である。普段は、2子で勝てるかどうかなのだが、今日は、先番。完敗だった。永松さんの天元打ちを意識しすぎたのかもしれない。そして、昼食を挟んで、午後から3回戦。今回風邪気味のせいか、1敗した水村さん(七段)と対戦。水村さんは、入間市の囲碁名人を何度もしていて、普段は3子で勝てるかどうかの相手だが、今日は2子局。自分ではかなり善戦したと思っているが、完敗。最後は、石山さん(五段)。こちらも普段は、先番で勝てるかどうかの相手。途中、コウになり、大石が取られてこれも負けてしまった。どうも、私は、コウを早めに解決したがるクセがあるようだ。
ところで、Aクラスで優勝したのは、岩間さん(七段)。岩間さんとは、確か4子で対局して、勝ったことがあるような記憶があるが、この大会の手合いでは、2子になる。とても、勝てそうにないと思った。

私は、日本棋院「お茶の里」入間支部に属しているのだが、この大会には、会員の人達がたくさん参加していた。私の対戦した相手は、よくしっている人たちで、普段の対局では、もう一子余分に石を置いて闘っている人たちだった。そういう意味では、勝てなくてもとても勉強になったと思う。また、対局後、私の質問に皆さん丁寧に答えてくれて、嬉しかった。
来年も、機会が合えば、是非参加したいと思った。特に、館長の心配りは、すごい。ここで、囲碁を打っている人たちは、幸せだと思った。
若い人や女性も少し参加していたが、やはり絶対数が少ない。もっと、増えることを期待したい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です