第6回4市囲碁交流戦に参加して

12月10日は、4市交流戦(狭山市、入間市、所沢市、飯能市)。会場は、狭山市中央公民館(交流センターにある)。狭山市駅の目の前にある新しいビル。9時少し前に到着。
9時半から、開会式。狭山市囲碁連盟の池田泰顕会長の挨拶。そして、向野康雄狭山市教育委員会教育長の挨拶に続き、対局開始。対局は、10時からで、午前中2局。昼食を食べて、午後2局だった。
優勝は狭山市柏原囲碁同好会B、二位は狭山市柏原囲碁同好会A、三位は、所沢市役員、入間市役員、狭山市棋楽会。
敢闘賞は、主将・鳥越達彦(入間市選抜B)、 副将・塚本鈴夫(飯能市加治東)、 3将・平賀義二(入間市選抜A)、4将・粕谷登(入間市選抜A)、5将・山下邦夫(狭山市役員)但し、敢闘賞は、入賞しなかったチームで、各将クラスで成績のよかった人(4勝あるいは3勝の人)。但し、同じ成績のときは、ジャンケン。
狭山市は、三年連続して優勝。特に、柏原囲碁同好会Bは、昨年に続いて優勝。珍しく主将の佐藤さんは、2勝2敗だったが、チームとしてまたもや優勝。すごいとしか言いようがない。
私は、3勝1敗でまあ、満足できる成績だった。嬉しかったのは、入間市選抜AのKさんに勝ったことだ。握りで私の白番だった。序盤は、まあ、今日は勝てそうだと思ったら、中盤過ぎにまたポカで、負けそうになった。今回は、運良く「コウ」にして頑張れるところが残っていた。Kさんが無効の手を打ってくれて、何とか盤面でも勝てた。
終わってから、狭山市の「三ゆう」で役員の懇親会。会費は、3000円。飯能市からは、亀井さん、松坂さん、脇さん、そして、私が参加。懇親会には、狭山市の役員、所沢市、入間市の役員が参加していたが、半分くらいは、私の知っている人。
ところで、狭山市は、飯能市や入間市から、そんなに遠くないのだが、車でないと少し不便だ。入間市駅からバスで行くという手があるが、電車だと、西武池袋線で所沢に出て、西武新宿線に乗り換えて狭山市に出る必要がある。乗り継ぎも入れて、約40分くらいかかる。入間市の人で、歩いて行った人もいたし、自転車で言った人もいた。私たち飯能の役員は、車で行き、帰りは、バスで入間市駅に出て、西武線で帰った。
ところで、この大会は、全てハンディ戦なのに、どうしてこんなに偏った成績になるのか不思議だ。とにかく、各市で最高を七段にして、そこから段級位を決めているので、少なくとも、飯能市は、妥当な段級位だと思うのだが、微妙なところかもしれない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です