第3回大澤奈留美ファンクラブの集いに参加!

5月8日は、「なるみ先生ファンクラブのつどい」。
8時半頃入間市中央公民館に行き、愛宕公園を少し散策してから、第3会議室に入り、会場設営。会場設営が終わると、受け付け開始。予定では、9時半から受け付け開始。9時半までにほぼ半分くらいの人たちが来ていた。しかし、ぎりぎりの人がいて、開始は、10時になる。一人欠席。  愛宕公園
今日のプログラムは、3部構成。
第1部は、競技会。
第2部は、指導碁と表彰式。
第3部は、懇親会。
午前中に2局、昼食は、1階の食堂でカレー。昼食後、決勝戦。
S1、S2、A、B、Cの五つのクラスに分かれて、支配開始、それぞれ8人ずつで、三連勝すると優勝。Sクラスは、全て互先。それ以外は、ハンディ戦で、日本棋院「お茶の里」入間支部のルールで試合。決勝戦全景

S1クラスは鳥越達彦さん、S2クラスは菅野孝子さん、Aクラスは吉田進さん、Bクラスは佐々木省吾さん、Cクラスは松田雅子さんがそれぞれ優勝した。
2時少し直ぐに、奈留美先生がご主人のムニェ・ヴァンサン(Mugnier Vincet)さんと一緒に登場。片平会長から、奈留美先生の近況について紹介があり、奈留美先生は、妊娠6か月とのこと。只今、安定期で、日本棋院の対局も消化されていて、最近は絶好調。とても嬉しいニュース。ファン一同大喜び。集合写真01s
奈留美先生ご夫妻のご挨拶のあと、ご夫妻を囲んで、参加者一同で集合写真。

その後、早速、指導碁。
奈留美先生から指導を受けるのは、水村忠洋さん(2子)、高木茂巳さん(3子)、越後屋大藏さん(5子)、水村要作さん(5子)の四人。ご主人のムニェさんの指導を受けるのは、小島芳子さん(5子)。越後屋さんが、金星を挙げる。指導碁03
プロの打ち方はすごいなと思う。次に、どこに打つのかなと考えながら、見ているととても勉強になる。
指導碁の後は、表彰式。奈留美先生の色紙をいただき、並んで記念写真。前回と前々回は、私も色紙をいただき、記念写真を撮ってもらった。皆さん、嬉しそうだった。ご夫妻01
表彰式の後で、奈留美先生から、『埼玉戦後アマ囲碁史』(埼玉の戦後アマ囲碁界をアマ本因坊戦など4大棋戦を中心に回顧。各種大会の記録、コラムなどを収める貴重な一冊。)という本をいただく。本日(5月8日)に一番近い誕生日の人がもらう。それから、渋谷でクラシックを聴きながら囲碁をしようという催し「IGO CLASSIC ~ 囲碁 × 音楽の輪舞曲 ~」があり、その紹介。奈留美先生も参加されるそうだ。
最後のプログラムは、懇親会。
奈留美先生は、体調のこともあり、1時間ほど、会員との交流をしていただいた。ご夫妻で、四つの大きなテーブルをそれぞれ15分ほど座って、歓談された。途中、会員の御祝いの謡があり、それの応えて、ムニェさんが、フランスの歌を振付をつけながら紹介してくれた。楽しい時間は、あっという間にすぎ、二人は、入間市駅に向かわれた。名残惜しい
私たちは、もう少し、余韻を味わい。19時ごろ懇親会を終了する。
その後、役員を中心にして、二次会に参加。入間市を中心にした囲碁仲間との交流は、夜まで続いた。帰宅したのは、10時過ぎ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です