第12回オールアマ囲碁団体戦に参加!

今日は、市ヶ谷の日本棋院会館で、第12回オールアマ囲碁団体戦があり、「お茶の里入間」チームとして参加。メンバーは、主将・蛭田六段、副将・長松六段、三将・脇四段、四将・本木四段、五将・塚本四段の5名。第12回オールアマ囲碁団体戦

この大会は、無差別クラス22チーム、Aクラス32チーム、Bクラス32チーム、Cクラス32チームのジャンボ大会だが、受付の手違いで、2チーム組合わせ漏れがあった。AクラスとCクラスである。そして、Aクラスの組合わせ漏れは、何を隠そう、わが「お茶の里入間」チームだった。従って、1回戦は、不戦勝。

これは、大会主催者のミスで、お詫びとして、審判長を務めていた、山田拓自八段が四人に指導碁をしてくれた。山田八段

指導碁を受けたのは、私(4子局)、蛭田さん(3子局)、長松さん(3子局)、脇さん(4子局)の4人。残念ながら、全員、負けてしまった。しかし、皆さんはとても勉強になったようだ。残念ながら、私の場合は、指導碁のときが、一番、健闘したようだが、大会のほうは、全敗。山田先生4子局

プロは、すごいと思った。こんな序盤でも、勝てない。これから、中央に大きな地ができて、大差の負け。

ところで、大会は、2回戦、3回戦と勝ち上がり、残念ながら、順々決勝で、学生チームと対戦して、全敗してしまった。それでも、一応、33チーム中、5位だった。とても、悔しいが、もう一度挑戦したいと思った。来年も、また、挑戦しようと思った。今回は、私は、我がチームになんの貢献もできなかったが、捲土重来!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です