「AlphaGo」と李世ドル九段の対局は、4勝1敗。

第五局は、李世ドル九段の要望で、「AlphaGo」の白番。囲碁チャネルで王銘エン九段の解説で、見た。序盤は、特に右下の折衝で黒が優勢だったようだ。しかし、今回は、そこで崩れなかった。序盤50手

「AlphaGo」は、外回りが好きなようだ。つまり、もようが好きだ。今回も、この中央にできた厚みをどれくらい生かせるかがポイントだと思った。この段階では、李世ドル九段は、楽観していような気がする。王銘エン九段も、黒優勢で話を進めていた。中盤100手

ここで、王銘エン九段が地の計算をして、必ずしも黒がいいとは言えないのではないか、と言い始めた。何度も、計算していたが、結論が出ない。私は、なんとなく、人間の応援になったが、しかし、昨日の暴走した「AlphaGo」にショックを受けたので、正常に最後まで打つことを祈ってもいた。中盤150手

ここまで、くると、「AlphaGo」のほうが、優勢になったようだ。右下がそんなに大きな地にならかったようだ。いつの間にか、「AlphaGo」にも、頑張ってほしいと思ってもいた。終局208手

最後は、280手で李世ドル九段が投了した。多分、3目ぐらい足りないのではないか。

ニュースで知ったのだが、この試合の前に、韓国棋院は、「AlphaGo」に名誉九段を与えたそうだ。

それにしても、だれが、こんな結果を予想していただろうか。一番驚いたのは、李世ドル九段本人だと思われる。一応、5戦全部の棋譜を私のiPadの「IGONOTE」とこのブログに残してあるので、もう一度並べ直してみたい。私たちは、今、囲碁5000年の歴史の中で、大きな転機に直面しているのだと思う。「AlphaGo」のような人工知能(AI)が身近になり、簡単に使えるようになったら、囲碁の戦い方も、多分変わってくると思われる。それから、最後の勝負では、ものすごい強いと言うわけではなさそうなので、これから、どのように進化していかも問題になりそうだ。これは、楽しみなのだと、思いたい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です