やっと718勝719敗になった!

「幽玄の間」での対局は、年末の負けが、かなり精神的なダメージになっていたが、やっと最近は、調子が上向いてきた。今年になってからは、かなり勝ち越してきた。

私の黒番。ミニ中国流を打ってみた。今日は、多分、完勝の碁だったと思う。しかし、序盤の「49」の手は頂けない。打ってから、何でこんな手を打ったんだろうと後悔した。左下の石に対して全くの味消しの手だ。この手では、左下の1間飛び石に肩付きか、下付けを打って、下辺の模様を広げるべきだった。多分、右下の折衝がうまくいって、後は、模様に入って来た時どうするかが課題だと思った。序盤16-01-27

右下の2間飛びに対する肩付きは、普通の手だが、多分「16」の手が、そっぽだと思う。また、「26」からの打ち方も下辺を固めてくれて助かった。だからこそ、「49」の手が悔やまれた。中盤16-01-27

「56」の打ち込みに対して、「57」は追い出すつもり。「58」の2間飛びに対しては、「59」で切断した。ここは、強気に打つ。少し追いだしてから、右辺の白石に少し迫りながら、地をかせいだ。多分、この時点での形勢判断としては、盤面で20目くらいはいいと思った。白は、上辺で40目。左下と右辺を合わせて20目くらい。合計60目強。対する黒は、左辺10目、下辺左で23目、右下で22目、更に右上で25目、合計で80目強。というのが私の形勢判断。終盤16-01-27

結果的には、中押し勝ちだったが、「幽玄の間」の形勢判断では、盤面で黒の21目勝ちだった。何となく、白につられて、初めからヨセのような手を打っていたが、今回の場合は、こちらはそれで地が固まってしまったような気がする。今回は、中盤で勝負が決まってしまった。

最近、また、「囲碁クエスト」にも挑戦するようになった。特に「13路盤対局」はなかなか勉強になる。持ち時間が5分で、中国ルールというのは、かなり特殊だが、すぐに読みの競走になる。そして、素早く全体の形勢を判断しながら、打たなければならない。手筋や詰めは直観的に打ち、できるだけ、時間は形勢判断に使おうと思って打つのだが、つい部分的な折衝に時間を使い、時間切れになってしまうこともある。こちらは、初段で、139勝101敗。只今1813点である。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です