『星空のカラス』が終わった!

モリエサトシ著『星空のカラス』(監修:穂坂繭三段)の第8巻が出た。もう終わってしまうのかという気持ちと、これから先を書くのは大変だろうなという気持ちが交錯している。

月刊『碁ワールド』でも穂坂さんが連載で『星空のカラス』の監修エピソードを書いているので、漫画を読んでいない人も、話の筋は知っていると思われるが、是非、漫画も読んでほしい。内容については、ネタバレになるので、ここでは書かない。

ところで、私は、初め、モリエサトシさんは、男だとばかり思っていたが、実は高木しげよしという漫画家と双子の姉妹である。『星空のカラス』の主人公・烏丸和歌も、女性で、その心理描写は、多分、女性だからこその細やかな描写になっている。

同じ「花とゆめ」に連載されているモリエサトシ著『はやく大人になりなさい。』のほうは、高校の教師と生徒のちょっときわどい恋愛漫画になっている。こちらは、少女漫画の王道なのかもしれないが、表現の仕方は新しい。私は、「SP描き下ろし漫画」が読みいばかりについ、同時発売の『はやく大人になりなさい。』第1巻も買ってしまった。こちらは、これからスタートした漫画である。hosizora『ひかるの碁』では、沢山の子供たちが囲碁のファンになってくれた。この『星空のカラス』を読んで、新しい囲碁のファンがたくさん出て来てくれると嬉しい。

石井妙子さんが『囲碁の力』の中で言っていたが、囲碁は、将棋と違って、男女の差それほどあるわけではない。プロであれば、ほぼ対等に戦えるゲームである。例えば、藤澤里菜さんは、多分、井山6冠に先番なら盤面で多分勝てると思う。それくらい、微妙な差だと思う。(もっとも、最近の井山六冠は、ちょっと強すぎるかもしれないが)だから、女性には、もっと頑張ってほしい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です