ルール破りの5連敗!

年末に「紅白歌合戦」を観ながら囲碁。自分に課したルールを破って、2連敗から更に3つ続けて負ける。不思議だが、負ける時は続けて負ける。精神的に追い詰められると、また、手がおかしくなる。序盤16-01-01この碁は、私の黒番で、5連敗の時の碁。序盤から、何となく、石が下に行っている。ある意味では、地を囲っているのかもしれない。

序盤は、そんなに悪いわけではないが、どこから模様に入っていこうか悩んでいるうちに、問題が起きる。左上の処理を間違える。中盤16-01-01

ぎりぎり生きるだけになってしまい、白に外が厚くされてしまった。中央が大きくなりそうで、そこを無理して、形勢を悪くすることになる。上辺の3子と右上の三三が微妙な状態になったしまった。終盤16-01-01

上辺をかばって、三三に入られ,押さえを間違えて、一等地の右辺をがらがらにされてしまった。何ともひどい碁になった。多分、負け続けるということは、こういうことだ。自分でも、勝てる気がしなくなって、どう打っても負けるような気がしてくる。そして、それに合わせて、打つ手が後ろ向きになってしまう。つまり、形勢判断などどこかに行ってしまう。「131」から勝負のつもりだったが、空振りで、ひどい振り替わりになってしまった。

ここまでは、2015年の囲碁だ。2016年の囲碁は、心機一転、いい碁を打ちたいと思う。昨年までの通算成績は、700勝706敗になった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です