棋譜の著作権について

棋譜の著作権については、いろいろな見解があり、現段階では、グレーゾーンになっている。これは、裁判をやったことがないので、判例がないという意味である。ヨーロッパなどでは、チェスの裁判があり、著作権はないという見解が多く、チェスも囲碁も自由に棋譜が出回っている。これは、Wikipediaの見解なので、必ずしも全面的に正しいとはいえないが、ほぼ、間違っていないと思われる。結論からいうと、私も、棋譜には著作権はないと思っている。

勿論、プロ棋戦の新聞棋譜や、実況中継、またNHKの囲碁番組などの映像は、著作権はある。それは、棋譜の著作権というより、映像の著作権であり、二人の棋士のパフォーマンスを表現としてみた場合の著作権であって、手順を並べただけの「棋譜」の著作権ではないと思う。どうしてもというなら、自分でPCで棋譜を作成し、それを使えばよい。だから、例えば、碁会所で名人戦を大盤解説しても著作権侵害ではないと思う。ただ、スポーツの試合と同じように、主催者が営業行為として開催している試合の放映権はあると思われる。

ところで、名人戦の棋譜は、確かに、名人と挑戦者が打ってできたものだ。しかし、それらは、定石や手筋、先達たちが作り上げてきた戦略と戦術を適用して、二人で創り上げたものだとも言える。それは、表現というより、発明であると言った方がいいかもしれない。つまり、今まであったものに棋士のアイデアが加わったなにものかである。棋譜というのは、ある意味では、本歌取りの和歌みたいなものかもしれない。ただ、本歌取りの和歌は、現在のところ、著作権はある。

問題は、もし、著作権があるとすれば、全体に著作権があるのであって、部分的な手筋や手順には、著作権はないとしないと、碁は打てなくなってしまう。また、全体ということでは、コンピューターソフトの場合は、常に著作権の了解を得ながらでないとつくれなくなってしまう。それは、誰がマネをしてもよいものであることによって、普及し、楽しくなるのだ。常に、優れた棋譜を咀嚼して、次の自分の実践に生かすのが、棋士である。そういう意味では、著作権などあるべきではないと思われる。

ブログなどにも、もっと、棋譜をアップして、さまざまな観点から考察したり、検討したり、話題として盛り上がったりしたほうが、囲碁の普及になると思う。だから、できるだけ、自分の実践は具体的に、棋譜として話題にしたほうがいいと思う。そういういみでも、この囲碁日記は、頑張ってみたいと思う。

私も、また、金儲けではないとしても、プロ棋士の棋譜を参考にしながら、できるだけ似たような碁を打ちたいと思いながら、努力している。とても、無理なことだということは分かっているが。

大澤奈留美プロの指導碁(5子局)

少し前のことだが、今年の7月26日に日本棋院「お茶の里」入間支部の主催で行われた第4回「プロ棋士との集い」で、大澤奈留美先生に指導碁を打っていたただいた。先生には、失礼かと思ったが、自分で記録した棋譜が残っている。先生に書いていただいた2枚の色紙とツーショットの写真、そしてこの棋譜は、私の大切な宝物。

序盤はまあ普通かと思ったが、先輩からの指摘では、少し小ゲイマじまりが多く、もう少し挟むなど、積極的に打ったほうがよいとのこと。これには、納得した。どうしても、心理的に守りになってしまうらしい。指導碁なので、勝つことより、その時プロはどう打つかをしっかり学ぶべきだと思った。【44】の前に【41】の下はねを打つべきだった。narumi_01

中盤も、自分では、まあまあ、だと思っていたが、先輩からは、もう勝負になっていると言われて、愕然とする。もっとも、対局中は、記録と勝負で、ほとんど何も考えていなかったようだ。もう少し、よく、考えて打つべきだと思う。ここから、押され気味で、弱気な打ち方になっている。narumi_02

この【150】の手では、【127】の下には打てば、その下の白8子の石が取れていた。これは、大澤先生に教えていただいた。その手は、少し時間をかけないと読めない。私には、思いもつかなかった手だ。その前の【117】からの出に対してもすぐに押さえて問題はないのに、何かにおびえて腰が引けている。また、【135】はとても大きかったのに、打てなかった。narumi_03

盤面勝負で、細かくなってきた。【199】と打たれて、勝ちが微妙になる。ここでは、残っているのは、【167】の1子を抱える手。ここを打てれば多分、2目勝ち。しかし、もっと、小さなところを打ってしまった。narumi_04

最後に、総棋譜を載せるが、2目負けだった。こうして、記録を取っておいたおかげで、色々な人が、いろいろなことを教えてくれる。自分の碁の弱点や性格が分かってとても勉強になる。この次、打つときは、勝つことより、こう打ったときプロはどう打つのだろうと考えながら、積極的に打ってみたい。でも、多分、その時はその時で、心の余裕がなくなっているのかもしれない。narumi_05

やっぱり、どこか抜けている!

折角、「幽玄の間」の対局が五分までいったのに、また、一つ負け越した。

この碁は、私が白。序盤は、まあまあだと思った。左辺に対抗した模様を右辺でつくることは可能だし、入ってきたら、取ってしまおうと思った。yu15-12-23_序盤

中盤では、やはり攻め合いになり、何とか、これで、大石を取れたと思った。そこに油断があったようだ。「72」の下に出ればそれで、終わっていたと思う。つながるか、2子をとれば、中央の黒石がほぼ取れる。中央は黒は、2子を取っても、2眼はつくれない。そこまでは読んでいた。yu15-12-23中盤

しかし、「134」に打って切られて、愕然とする。逆に取られてしまった。切られても、あやで生きられると思ったのが間違い。中央の白石の駄目が詰まってしまった。この石が取られては、完全に逆転である。yu15-12-23白投了

本当に、注意は、しすぎることはない。何度も、自分に言い聞かせて筈なのに。

「幽玄の間」の対戦成績が五分に!

久しぶりに「幽玄の間」で対局。四段同士で、私の黒番。

序盤の左下の定石が少し不安だった。これでよいのかどうか不明。とにかく、右下にかかって、外勢を強くしたいと思った。ついでに右下隅にも入れて、黒のよい別れだと思った。そして、左上の小目への一間高がかり定石は、黒の有利な別れになり、この白を追っていけばよいような展開になった。yu15-12-21_序盤

中盤は、できるだけ、自分の石が切断されないように打ったが、途中、切断されても上辺のあやで生きられそうだと考え、強襲した。yu15-12-21_中盤

しかし、ここでは、必ずしも相手の石を取ろうとは思わなくて、攻めながら自分の地を増やしていけそうだったので、無理はしなかった。yu15-12-21_終局

結果的は、それがよかった。盤面で21目、コミを引いて14目半勝ちだった。
これで、「幽玄の間」は、695勝695敗になった。

加治東囲碁同好会の打ち納め

今日は、加治東囲碁同好会の2015年最後の囲碁の会。残念ながら、私は1勝4敗。これでも、今期(10月~12月)は、通算14勝9敗。不思議なもので、負けるときは、続けて負けるようだ。日によって偏るのは、体調にもよるのかもしれないが、多分、打つ相手との相性もあるのだと思われる。この期間の同じ会員との対局は、3局までなのだが、3連勝した相手もいれば、3連敗した相手もいる。3連敗した相手が、私が3連勝した相手に3連敗しているということが時々ある。高速道路の渋滞ではないが、どうやら、波があるようだ。

対局が終わってから、近くの居酒屋で忘年会。今日は11人が参加し、楽しい囲碁談義。それぞれ、自分の碁敵の性格や囲碁の打ち筋を分析して、褒めたり、けなしたり。65歳から78歳までの囲碁仲間の集まりだった。私は、どちらかと言えば若いほうだ。

ところで、皆、ネット碁をけなしていたのは面白い。ネット碁とうまく付き合っていないようなのだ。私は、一応、1日3局まで。2勝するか2敗するかしたら、それでその日のネット碁は終了にしている。また、続けて打たないこと。つまり、負けても、勝っても、次の対局までに間をとること。これが、できなくなると、負け続けることになる。私も、かつて、8連敗したことがあった。その時は、ひたすら疲れた。そして、打ち方が、いい加減になっている。だから、やればやるほど、負ける。その反省から、普段は、1局ぐらいしか打たないが、打っても3局までにしている。そして、囲碁の本を読むこととセットにして打つようにする。例えば、布石の本を読んだら、それを実践してみる。

こんな打ち方ができるようになったのは、最近だ。私は、いまのところ、日本棋院の「幽玄の間」をホームグラウンドにしているが、勿論、リアルの世界での囲碁大会が最終場面というか、到着点。そこで、勝つのが一つの目標。ネット碁は、ある意味では、自分の棋力の水準を計る計器のようなものだと思う。しかし、顔をも見たこともない相手と打つのは、スリルとサスペンスがある。いま注意していることは、20分の持ち時間を中心にしているが、ぎりぎりまで時間を使って打つようにしている。PCに向かっていても、だから、扇子を右手で持つようにしている。

WordPressの勉強について

このサイトは、WordPressで運営している。WordPressについては、原久鷹さんの『はじめての簡単WordPress入門』(秀和システム/2015.12.1)で勉強中。hon

一応、原さんの推薦通り、「ムームードメイン」でドメインを取得して、「ロリポップ」のライトを利用して、WordPressを自動インストールしてみた。

あっけないほど、簡単。まだ、お試し期間なので、後で、正式に申込をする予定。

今日は、画像を入れてみたが、これも簡単。慣れてしまえば、facebookに書き込みをするような感覚で使える。

Natsuの囲碁日記について

私の名前は、沢瀉夏生(通称Natsu)。埼玉県飯能市在住の団塊の世代の囲碁ファン。

棋力は、日本棋院の「幽玄の間」で四段。勿論、これから上がったり、下がったりすることになるが、一応、私のホームグラウンドは「幽玄の間」。

ただし、地域の囲碁サークルに所属しているので、そこでの囲碁や勉強についても触れるつもり。

しばしば、登場するのは、飯能市囲碁連盟と日本棋院「お茶の里」入間支部だが、また、大澤奈留美ファンクラブの会員でもある。

これから、棋譜と共に、囲碁日記を書いていく予定。強くなることを願って。

<追記> このブログは、初めてのWordPressを使った、HPづくりの勉強でもある。これが、うまくいったら、もう少し地域の囲碁コミュニティの紹介をするHPを作ってみたい。そのことも、追々、報告する予定。